荻崎正広World

アクセスカウンタ

zoom RSS 「風俗奇譚」の中の円谷順一

<<   作成日時 : 2011/02/12 01:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

画像(その1)
昨年(2010年)10月下旬と今年(2011年)の1月下旬の二度、風俗資料館(東京都新宿区揚場町)に足を運び、雑誌「風俗奇譚」に円谷(えんや)順一(通称 大阪のおっちゃん)(1971<昭和46>年10月死去。享年54歳)の写真がどのように掲載されているかを中心に調べた。
 「風俗奇譚(ふうぞく・きたん)」は文献資料刊行会が発行し、編集長は高倉一(たかくら・はじめ)(1914〜2004)だった。高倉一は風俗資料館の初代館長でもあった。(『「アドニス」「同好」「薔薇」の中の円谷順一』参照)
 「風俗奇譚」がいつ創刊され、いつ終刊になったか、正確なところは分からない。風俗資料館が所蔵する最も古い号は昭和35(1960)年1月刊で、これは臨時特集号となっているから、更に古い号があったと考えられる。一方、同館所蔵の最後の号は昭和57(1982)年7月号で、復刊5号・オール読物8月増刊号と書かれている。また、通常の号の他に、臨時増刊号や「画法風俗奇譚」、「秘蔵版風俗奇譚」などがあったことが知られる。
 ちなみに、去年の10月に国会図書館で調べたが、全部で16号分ほど所蔵されていた。同館所蔵の最後の昭和49(1974)年10月号には、「本号で風俗奇譚は休刊ということになりましたが・・・」と高倉一が書いていて、休刊の時期があったことが分かる。(休刊が何度あったかは不明)
 私が円谷順一と「風俗奇譚」の関わりを知ることができたのは、仁科勝(にしな・まさる)・編『新・薔薇の快楽』(昭和47<1972>年8月 第二書房刊)の「あとがき」に、「円谷氏の写真が店頭を飾った最初は、「風俗奇譚」であった」と書かれていたからだった。雑誌としては「アドニス」に掲載されたものの方がずっと早いが、「アドニス」は会員誌で書店には置かれなかったという背景があるだろう。(上記『「アドニス」「同好」「薔薇」の中の円谷順一』参照)
 それはともかく、「風俗奇譚」に掲載された円谷順一の写真の全貌をつかむのは、撮影者名が記されていないことも加わり、大変難しい。画面左上の画像は、同誌昭和41(1966)年2月号のグラビアに載るものだが、同じモデルの同じ写真が私の所蔵している円谷のアルバムの中にもあり、彼が撮影したことが分かる。「風俗奇譚」の方には、モデル名も記されている。少しだけ私の好みのタイプだ(笑)。(同モデルの画像は私のHPにも載せています)
 また、翌月の昭和41年3月号のグラビアには、上記と同じ私のアルバムにある別のモデルの同じ写真が二点載っていて、モデル名も記されている。ちなみに、私のアルバムには二人のモデル名は書かれていない。
 余談だが、同誌のグラビアの写真には、撮影者不記の代わりという訳ではないだろうが(笑)、モデル名が書かれているものも多く、特色の一つのようだ。ただし、本名なのかどうか、仮名だとすると、それを敢えて誌面に記すのはどんな趣旨からなのだろうなどと判然としなくなるが。画像
画面右手の画像は、同誌昭和42(1967)年3月号の文章の間に載っているもの。まず間違いなく円谷の写真だと思う。モデル名は記されていない。
 
 「風俗奇譚」に載る円谷の写真は、大きく捉えると、左手上段のようにグラビアの場合(大きめ)と、右手のようにページの間(小さめ)の二つの場合があったようだ。年代的には、ごくおおよそだが、1964(昭和39)年頃から1967(昭和42)年頃までだったと思われる。これは、上記高倉一が「風俗奇譚」とは別に発行した同人誌「薔薇」の刊行されていた時期とだいたい重なる、というのが現時点での私の推測だ。「薔薇」は1964年7月の創刊号から四年間刊行されたようだ。(「薔薇」の創刊号は風俗資料館蔵) (「薔薇族」16号(1974<昭和49>年3月 第二書房刊)の中の、高倉一「間宮浩君のこと」参照)
今回はこのくらいで。降り続く雪を眺めつつ。
(2011.2.11)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
風俗奇譚はとても懐かしい雑誌です。20歳位の頃毎月買い、バックナンバーを買いに神田の文省堂に行き高い値段で買ったものです。昭和39年頃の風俗奇譚が一番男の裸が多かったです。
男体すきお
2013/02/15 17:24
>最も古い号は昭和35(1960)年1月刊で、これは臨時特集号となっているから、
>更に古い号があったと考えられる。

確か違いますよ。別の雑誌の臨時増刊号として出たのが風俗奇譚の始まりで、60年1月号が一番古い号です。
saa
2013/05/24 19:42
saa様
なるほど。そこまでは考えませんでした。
教えていただき、ありがとうございます。
荻崎正広
2013/05/25 11:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
「風俗奇譚」の中の円谷順一 荻崎正広World/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる