テーマ:円谷順一

色欲(しきよく)の向かう相手に年齢の上限はあるか・・・。

 私(荻崎)はいま70歳だ。いつの頃からか、私が交合したいと望む相手の男たちの年齢の上限が、じわじわ上がっていくことを感じるようになった。今では、私と同年代の70代はおろか、80代、もしかすると90代の男とだって充分可能かもしれない。さすがに、100歳を越える男たちとは、第一、巡り合う機会そのものがまずないだろうと思うが(取り分け、裸で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(短編小説) 果肉の中の波の声

第16回  「三島由紀夫の内的風景  「荒野」からの声」を書き終えてから、三週間以上空白ができました。写真家円谷順一(えんや・じゅんいち)(通称 大阪のおっちゃん)について書くには、やはりまだまだ準備不足です。  私がこれまでに書いた小説の中で、一番新しい作品(今日 2007.9.20に書き終えたところです)を載せたいと思います。4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荻崎正広World

2007年7月30日 第1回 私設美術館「荻崎正広コレクション ゲイ・アートの家」を運営している荻崎正広のブログです。興味を持つ作家や作品、画家、イラストレーター、写真家その他を取り上げ、自由に、思うがままに書いていこうと考えています。 写真家の円谷順一(えんや・じゅんいち)(通称 大阪のおっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more