荻崎正広World

アクセスカウンタ

zoom RSS 三島由紀夫の内的風景

<<   作成日時 : 2007/08/03 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  2007年8月3日
  第3回

  「荒野」からの声  (その2)

それでは、青年が三島邸に法を犯し闖入(ちんにゅう)してまで、(彼はそれ以前から既に二、三度三島家を訪れ、作者に面会を求めたが、三島の両親よって追い払われていたことが、作品の中で触れられている)三島からじかに聞きたかった「本当のこと」とは何なのか。
 端的に言えば、「あなたは同性愛者ですか。それとも、幾つかの作品の中でそういう振りをして見せているだけですか。本当はいったいどっちなんですか」ということだ、と私は推察する。
 付け加えると、この青年は間違いなく同性愛者だろう。青年は「私は同性愛者の一人ですが、三島さん、あなたも私と同じ同性愛者ですか。本当のことを言ってください」と、三島に直接問いただしかったのだと思う。
 一方、三島は青年の言う「本当のこと」をどう捉えただろうか。その意味は解しなかったと、結末の箇所を含め作品中二度作者は述べているが、私は、実は三島自身、青年が聞こうとした「本当のこと」の中味を間違いなく了解していたと思う。どの時点で了解したかは断言はできない。青年が最初にそれを口にした時点でか、或いは二度三度と同じことを口にした経過の中でか、それとも事件後に行った警察署から帰った後か・・・。
 いずれにせよ、いくら遅くとも、事件後一ヶ月なり二ヶ月なりの日数が過ぎた、この作品を執筆している時点では、三島がそれを了解していたことを私は疑わない。この作品は、それを作者が充分認識した上で、しかも、それを作者は解していないという手の込んだ仕掛けと設定の上で成立している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三島由紀夫の内的風景 荻崎正広World/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる